がんとNK細胞療法

細胞がん細胞を含む異常細胞は、健康な人でも毎日およそ5000個の異常細胞が生まれているとされています。がん細胞は免疫細胞によって排除されるので必ず腫瘍にはなるわけではありません。この免疫の仕組みを利用した免疫療法にNK細胞療法があります。

NK細胞療法は免疫療法である活性化自己リンパ球療法の一種です。自然免疫であるNK細胞は体内を廻ってがん細胞を発見すると初期攻撃しながら、体内へ攻撃命令を伝達します。NK細胞の特徴を活かして患者本人がもつNK細胞を体外に取り出して強化・増殖させてから体内に戻し、免疫力を高めてがんを直接攻撃する治療法です。

NK細胞のメリットは、本人が持つNK細胞を使うので副作用が少なくQOLの改善に役立つ事や、標準治療と併用することで3大療法による副作用の軽減や治療の効果を高める事です。NK細胞療法は抗原抗体反応がないので、他の免疫療法よりも体内に戻してから効果が現れるまでの即効性などが高く、樹状細胞ワクチン療法が無効ながんへの効果も期待されています。NK細胞療法のデメリットは保険が適用されないので全額実費となり、実施医療機関も限られる点です

一部の悪性の腫瘍を除く多くのがんや、がんの再発・転移の予防に向いています。特にがん細胞が弱い初期段階での治療と、手術後に非常に効果的です。副作用が少ないので手術や化学療法などの副作用に耐えられない人や、QOLの改善や延命効果を期待する人にも向いています。

細胞の状態によっては効果が現れるまで個人差があります。このサイトではNK細胞療法の基本やメリットとデメリット、向いている人についてまで説明します。


Back to Top