NK細胞療法と免疫

ウィルスがんは普通の細胞から生まれた異常細胞が免疫を無視して増殖し続けた結果、腫瘍となります。異物である異常細胞を攻撃して排除する役割をもつ免疫を利用したNK細胞療法とはどの様治療法でしょう。

免疫は異物を発見し初期攻撃をする自然免疫と、自然免疫から情報を受けてから攻撃する獲得免疫の2段階のシステムで体を異物から守っています。自然免疫であるNK細胞はリンパ球として体内を廻りながら、がん細胞やウイルスを発見して攻撃する様に体内へ警告をだして、初期攻撃もする免疫細胞です。NK細胞は命令を受けずに体中を巡るため、様々ながん細胞を発見して攻撃できます。ナチュラル・キラーを略しており、生まれながらの殺し屋とも呼ばれます。

細胞療法は大きく分けて2種あり、自然免疫を利用した活性化自己リンパ球療法と、獲得免疫を利用した樹状細胞ワクチン療法があります。NK細胞療法は活性化自己リンパ球療法の一種で、主にNK細胞を強化しています。患者自身のNK細胞を体外に取り出して、増殖と活性化をさせてから体内に戻してがんに対抗させます。抗体医薬と併用させることによる相乗効果や、樹状細胞ワクチン療法が効かないがんへの効果が期待されています。

免疫はストレスや年齢で低下します。NK細胞療法は、体を守るために最初の段階で重要な役割を果たすNK細胞の強化によって免疫力を高めながら、がんを直接攻撃する免疫療法です


Back to Top