メリットとデメリット

薬免疫力を高めてがんを直接攻撃することができるNK細胞療法。標準治療の3大療法とされる手術や薬物療法、放射線療法と比べて、どの様なメリットとデメリットがあるのでしょう。

NK細胞療法は患者さん自身が体に持っているNK細胞を治療に使います。そのため副作用が非常に少ないというメリットがあります。稀に微熱などの副作用はありますが食欲不振や抜け毛など3大療法の副作用に比べると軽く、生活の質の改善も可能です。

免疫機能の低下は3大療法の結果にも影響します。NK細胞療法と3大療法を併用することで低下した免疫力を高めて、3大療法による副作用の軽減や3大療法の効果を高めるメリットがあります。NK細胞療法が他の治療の妨げになる事はありませんが、薬物療法と放射線療法は正常な細胞にも影響を与えるので併用のタイミングが大切です。

NK細胞療法は、過去に異物と認識した物質にしか攻撃しない抗原抗体反応が唯一ない免疫療法です。個人差はありますが体内に戻してから効果が現れるまで、他の免疫療法に比べて即効性や柔軟性が高いです。

保険が適用されないというデメリットがあります。臨床研究として受けられない場合は、民間の医療機関で全額実費の保険外診療となります。NK細胞療法を実施している医療機関は厚生労働省への届け出が義務付けられていて、全ての医療機関で実施しているわけではないので事前の確認が必要です。

◇関連情報◇
NK細胞療対応クリニック≪医療法人輝鳳会≫


Back to Top