治療目的と向いてる人

NK細胞療法の目的は免疫力を強化してがんの治療を行うとともに、副作用が少ないことから生活の質の改善も期待されています。どの様な状態の人がNK細胞療法に向いているのでしょう。

NK細胞療法は一部の悪性リンパ腫などを除く多くのがんに向いている治療法です。がん細胞が弱く数も少ない初期の治療や、手術後に特に効果を発揮します。自分の免疫細胞を使うので副作用が少なく、延命効果や生活の質の改善を期待する人にも向いています。

病院NK細胞療法は再発や転移の予防に向いています。通常の再発予防は手術後に術後補助療法として化学療法や放射線療法を一定期間で行います。NK細胞療法を併用することで術後補助療法の効果を高めたり、副作用の軽減が期待されます。NK細胞は手術でがんを除去した後、目に見えないがん細胞を攻撃するので転移の防止にも有効です

再発率が低い場合、副作用が少ない治療法が向いていると考えられます。再発率が低いステージⅡでもおよそ4分の1が再発しています。副作用が少ないNK細胞療法によって生活の質を保ちながら、がんの再発と転移の予防が可能です。

NK細胞療法は体への負担が少ないので体力や年齢に関わらず治療を受けられます。持っているNK細胞の状態で効果に個人差があり、細胞の状態が悪いと効果が現れるまで時間がかかる事があります。医師と相談しながらNK細胞療法で生活の質を維持しましょう。


Back to Top