Category Archives : 未分類

治療目的と向いてる人

NK細胞療法の目的は免疫力を強化してがんの治療を行うとともに、副作用が少ないことから生活の質の改善も期待されています。どの様な状態の人がNK細胞療法に向いているのでしょう。

NK細胞療法は一部の悪性リンパ腫などを除く多くのがんに向いている治療法です。がん細胞が弱く数も少ない初期の治療や、手術後に特に効果を発揮します。自分の免疫細胞を使うので副作用が少なく、延命効果や生活の質の改善を期待する人にも向いています。

病院NK細胞療法は再発や転移の予防に向いています。通常の再発予防は手術後に術後補助療法として化学療法や放射線療法を一定期間で行います。NK細胞療法を併用することで術後補助療法の効果を高めたり、副作用の軽減が期待されます。NK細胞は手術でがんを除去した後、目に見えないがん細胞を攻撃するので転移の防止にも有効です

再発率が低い場合、副作用が少ない治療法が向いていると考えられます。再発率が低いステージⅡでもおよそ4分の1が再発しています。副作用が少ないNK細胞療法によって生活の質を保ちながら、がんの再発と転移の予防が可能です。

NK細胞療法は体への負担が少ないので体力や年齢に関わらず治療を受けられます。持っているNK細胞の状態で効果に個人差があり、細胞の状態が悪いと効果が現れるまで時間がかかる事があります。医師と相談しながらNK細胞療法で生活の質を維持しましょう。

メリットとデメリット

薬免疫力を高めてがんを直接攻撃することができるNK細胞療法。標準治療の3大療法とされる手術や薬物療法、放射線療法と比べて、どの様なメリットとデメリットがあるのでしょう。

NK細胞療法は患者さん自身が体に持っているNK細胞を治療に使います。そのため副作用が非常に少ないというメリットがあります。稀に微熱などの副作用はありますが食欲不振や抜け毛など3大療法の副作用に比べると軽く、生活の質の改善も可能です。

免疫機能の低下は3大療法の結果にも影響します。NK細胞療法と3大療法を併用することで低下した免疫力を高めて、3大療法による副作用の軽減や3大療法の効果を高めるメリットがあります。NK細胞療法が他の治療の妨げになる事はありませんが、薬物療法と放射線療法は正常な細胞にも影響を与えるので併用のタイミングが大切です。

NK細胞療法は、過去に異物と認識した物質にしか攻撃しない抗原抗体反応が唯一ない免疫療法です。個人差はありますが体内に戻してから効果が現れるまで、他の免疫療法に比べて即効性や柔軟性が高いです。

保険が適用されないというデメリットがあります。臨床研究として受けられない場合は、民間の医療機関で全額実費の保険外診療となります。NK細胞療法を実施している医療機関は厚生労働省への届け出が義務付けられていて、全ての医療機関で実施しているわけではないので事前の確認が必要です。

◇関連情報◇
NK細胞療対応クリニック≪医療法人輝鳳会≫

NK細胞療法と免疫

ウィルスがんは普通の細胞から生まれた異常細胞が免疫を無視して増殖し続けた結果、腫瘍となります。異物である異常細胞を攻撃して排除する役割をもつ免疫を利用したNK細胞療法とはどの様治療法でしょう。

免疫は異物を発見し初期攻撃をする自然免疫と、自然免疫から情報を受けてから攻撃する獲得免疫の2段階のシステムで体を異物から守っています。自然免疫であるNK細胞はリンパ球として体内を廻りながら、がん細胞やウイルスを発見して攻撃する様に体内へ警告をだして、初期攻撃もする免疫細胞です。NK細胞は命令を受けずに体中を巡るため、様々ながん細胞を発見して攻撃できます。ナチュラル・キラーを略しており、生まれながらの殺し屋とも呼ばれます。

細胞療法は大きく分けて2種あり、自然免疫を利用した活性化自己リンパ球療法と、獲得免疫を利用した樹状細胞ワクチン療法があります。NK細胞療法は活性化自己リンパ球療法の一種で、主にNK細胞を強化しています。患者自身のNK細胞を体外に取り出して、増殖と活性化をさせてから体内に戻してがんに対抗させます。抗体医薬と併用させることによる相乗効果や、樹状細胞ワクチン療法が効かないがんへの効果が期待されています。

免疫はストレスや年齢で低下します。NK細胞療法は、体を守るために最初の段階で重要な役割を果たすNK細胞の強化によって免疫力を高めながら、がんを直接攻撃する免疫療法です

がんとNK細胞療法

細胞がん細胞を含む異常細胞は、健康な人でも毎日およそ5000個の異常細胞が生まれているとされています。がん細胞は免疫細胞によって排除されるので必ず腫瘍にはなるわけではありません。この免疫の仕組みを利用した免疫療法にNK細胞療法があります。

NK細胞療法は免疫療法である活性化自己リンパ球療法の一種です。自然免疫であるNK細胞は体内を廻ってがん細胞を発見すると初期攻撃しながら、体内へ攻撃命令を伝達します。NK細胞の特徴を活かして患者本人がもつNK細胞を体外に取り出して強化・増殖させてから体内に戻し、免疫力を高めてがんを直接攻撃する治療法です。

NK細胞のメリットは、本人が持つNK細胞を使うので副作用が少なくQOLの改善に役立つ事や、標準治療と併用することで3大療法による副作用の軽減や治療の効果を高める事です。NK細胞療法は抗原抗体反応がないので、他の免疫療法よりも体内に戻してから効果が現れるまでの即効性などが高く、樹状細胞ワクチン療法が無効ながんへの効果も期待されています。NK細胞療法のデメリットは保険が適用されないので全額実費となり、実施医療機関も限られる点です

一部の悪性の腫瘍を除く多くのがんや、がんの再発・転移の予防に向いています。特にがん細胞が弱い初期段階での治療と、手術後に非常に効果的です。副作用が少ないので手術や化学療法などの副作用に耐えられない人や、QOLの改善や延命効果を期待する人にも向いています。

細胞の状態によっては効果が現れるまで個人差があります。このサイトではNK細胞療法の基本やメリットとデメリット、向いている人についてまで説明します。

Back to Top