中古車を売却するときに車検が1年1ヶ月以上残っていると、 – e-Conference UN Day
 

中古車を売却するときに車検が1年1ヶ月以上残っていると、

| Posted in 車下取り

中古車を売却するときに車検が1年1ヶ月以上残っていると、

中古車を売却するときに車検が1年1ヶ月以上残っていると、買取店舗によっても多少の違いはあるでしょうが、概算で数万円ほどの査定金額のアップになることが予想されます。

車検の残りが1年以下のケースでは残っている期日に応じて査定額が変わったりはしないのです。そうは言っても、売却予定になってから車検を行っても車検を実施する費用以上の金額が査定金額にプラスされることはありませんから、売却前に車検を通してから査定してもらうのは意味が無いといえるのです。車の査定を受けるのであればその前に、とにかくきれいに車を洗っておくべきです。
業者の査定員だってあくまでも人間ですし、ドロドロに汚れた車などより丁寧に洗車された方に良い印象を持つのは当然です。


そもそも車が汚れていては、小さな傷の確認などができず、そのことで査定額が落ちることもあります。


それと車を洗う際、洗いやすい外装だけではなくタイヤまわりも洗っておきましょう。
査定の額を高くする方法として、一番知られているのは洗車でしょう。

車をピカピカに洗った状態で査定をしてもらうと印象アップがアップし、査定額が高くなります。その際、ワックスをかけることもやっておいたほうがいいでしょう。それに、車内を脱臭することもとても大事です。

ペットのワンちゃんやタバコの臭いはマイナス査定となるので、必ず臭いは消しましょう。車を買取に出した場合、入金される時期について「知りたい」という人は多いでしょう。
例えば、ローンが残っていれば手続きを行ったり、自動車を再度よく確認し、見落としているものがないかどうかしっかりと確認する時間が必要なため、一般的には、買取契約を結んだ後、次の日から大方1週間以内でお金が振込される場合が多いようです。車を売却しようとして見積もりに出す際に前もって良く洗っておく事は、査定額にダイレクトに反映するわけではないのですがちょっとでも高額な査定をつけてもらうために有効な手段です。たとえ車が洗ってあっても洗ってなくても、査定額はそうそう変化するものではないのです。

しかしながら、自分は今まで車の扱いが丁寧だったという事を結果的にアピールすることに繋がるのです。



手荒に使っていた人よりも業者側の受けは確実に良いでしょうから、見積金額が高めに付く可能性が出てくるのですね。
大抵の業者は良心的ですが、ごくごく一部には、悪質な手段を講じる中古車買取業者も中にはあります。手口の例としては、見積もりを申し込む時に、「見積もりを出した後で直ぐ車を運んでも良いならば価格アップしましょう」などと言われて、車の即時明け渡しを半ば強制されて、車を引き取ったが最後、お金は払わずに、業者の連絡先も繋がらないという詐欺があります。
通常行われる手続きをせずに妙に早く車の明け渡しを迫る会社には注意が必要ですね。

車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年におおよそ1万kmが標準といわれています。


走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行車という扱いになって査定時にもその程度ごとに減点対象となり、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうと金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。


それなら走行距離が短いほどよいのかというと、そうとは言えません。


車の年式に比べ走行距離数が短すぎるときは、却ってパーツが劣化して故障寸前になっている場合があり、あまり歓迎されません。完全に動かない車である「不動車」ですら、最初から売ろうとしないのは間違っています。

不動車にもいくらか値段がつくことがあるのです。


パーツごとで考えれば故障してないものもあるでしょうし、それらの部品に対して値段をつけて見積もりをして不動車を買い取ってくれる店舗はちゃんとあるのです。通常の店舗では不動車買取ができない可能性も高いので、前もって調べて不動車を取り扱っている業者に見積もり依頼をして買い取りすればすんなりいきます。車の査定は、出張査定をお願いしても、基本的にはどこの業者も無料で行っていますが、稀に料金が発生する場合があります。



その際は査定料としてではなく、出張料金として請求される事が多いです。お金を取る業者が違法な業者という訳ではありませんが、余計な出費を抑えるためにも、なるべく無料のところを利用してください。
買取会社に査定をお願いするときに入り用になる書類について述べると、自賠責保険証明書、および車検証の2種類のみなので、きっとすぐに取り出せるところにあるでしょうし、特段、事前に何らかの準備をする必要性はないでしょう。でも、実際に売却をする際には名義変更の手続きを踏む必要性が生じますから、更に、自動車税納税証明書、印鑑証明書など少々複雑な複数の証明書類が入り用です。引っ越しをしていたり結婚したりして住所や姓が変更していて、書類の内容が正しく訂正されていない場合には追加の書類が何枚か必要になってくるので、このような人は早め早めに確認して書類を用意しておくと後で楽ですね。

車査定では、走行距離の長い車であるほど安くされることになります。

走行距離10万キロを超えた車は、高級車や名車と言われていてもゼロ円で査定されると考えて良いです。もし走行距離が同じなら、使った期間が短いほど査定では不利になります。



短期間に酷使した証拠だと評価されてしまうからです。



中古車専門業者のところに運んで行くと、買取の受付をしてもらうことができます。その際は、会社によって買取金額が一定でないことに用心することが必要です。たくさんの業者を引き合わせることで、高い評価を受けることができます。


自動車売買に関する手続きの全てを他人に頼らずに自分の手で行える知識と時間があれば、自動車は個人売買するのが一番高値で売れる方法と言って良いでしょう。個人売買の際にいざこざに発展しやすいのが名義変更関連と支払い関連なのです。


前者に関しては双方で決めた期日までにしっかりと行うように念書を残しておくと良いでしょう。お金関連のトラブルは、1回目の支払いだけちゃんとしてそれ以降は逃げられてしまうことがないとも限りませんので、原則一括払いのみで売ることが重要になるでしょう。車を買取の査定に出すときには、リサイクル料、税金の残りなどの費用が査定価格の中に含まれているのかを必ず確認しておくことをお勧めします。

それ以外の注意点を挙げると、買取後に返金請求が発生しないことをよく気を付けて確認しましょう。

悪質な例を挙げると、少しでも買取金額を低く抑えようと、減点対象となる個所が後から見つかったと言って堂々と返金を要求してくるところさえあります。



オークションで車を買おうという人は、安く車を手に入れたいと思っている人か車マニアの方かのどっちかです。



中でも、車を安い価格で欲しいと思っておられる方が大多数なので、よくある型の車だと高く売却することはできません。
ただし、希少価値が高くて珍しい車だとマニアに喜ばれるため、入札の件数が増えて、高い値段で売ることができます。


 

e-Conference UN Day ©2020. All Rights Reserved.
Powered by WordPress. Theme by Phoenix Web Solutions