新車に乗り換え、買い替えをする時に、これまで乗ってきた車を – e-Conference UN Day
 

新車に乗り換え、買い替えをする時に、これまで乗ってきた車を

| Posted in 車下取り

新車に乗り換え、買い替えをする時に、これまで乗ってきた車を

新車に乗り換え、買い替えをする時に、これまで乗ってきた車を購入先のディーラーで下取りに出すパターンが数多くあると思います。

しかし、大半のケースでは、下取りでは納得できるような価格の査定を望めないものなのです。

一方で、中古車買取り専門店に売却してみると、車を下取りに出す場合よりも、高い値段で査定してもらえることが多いと思われます。
車を高値で売るには、様々な条件があります。年式や車種や車の色などに関しては特に重視されます。



新しい年式で人気の車は買取査定額も高めになります。あと、同一年式、車種であっても、車のカラーによって査定額が違ってきます。


一般的に、白や黒、シルバーの車は高めに売却することができます。


いくら売却したいと思っていても、査定のために現物をいきなり店舗に持ち込んでしまうというのは良い方法とは言えません。相場もわからなければ、よその店の査定額も知らない状態ですから、悪い言い方をすれば業者の言い値になりかねないからです。もっとも、良いところもないわけではありません。



それは、売却にかかる時間が最短で済むということです。現物はすでに店舗に乗ってきているのですから査定を待つばかりですし、あらかじめ書類一式をそろえて印鑑を持っていけば店舗に行った当日に契約が終わっているなんてこともあるわけです。返済が残っている場合、下取りや車買取に出すことは選択肢としてあるのでしょうか。中古車販売店の名義で車に所有権があるときは所有権の効力を失くすためにローンの一括返済が不可欠です。

残っているローンを新規のローンに上乗せして、ローン残金を一括で支払えば、二重の支払にならずに、車下取りが可能です。

インターネットで車の査定をしようと業者のサイトなどを見てみると、申し込み画面で電話番号などデリケートな個人情報を求めている業者が大部分であるようです。
買取業者を探して電話するのも面倒だし、ネットで手早く査定に出したいところではあるものの、電話をかけてこられたりするのは面倒だし迷惑だとして、ネットでの査定をやめようと考えてしまうかもしれません。
ただ、ここのところ、電話番号をはじめとした個人情報を記載しなくても使用可能な査定額がどんな値段になるのか、大体のところを知らせてもらえるサイトも現れていますし、試してみるのも良さそうです。

車検証、それと、自動車納税証明書を中古車の買取を依頼する前に、揃えておいてください。

そして、車の内外をもう一度見直しましょう。
ひっかきキズくらいなら、DIYで補修を行い、ワックス掛けや車内清掃も念入りにやってください。いわゆる改造車だったら、できるだけ買ったときの状態に戻し、純正のパーツにした方がいいでしょう。

タバコのニオイがついていたら、脱臭するなど、車内の臭いにも注意してください。査定を受けないことには中古車の売却はできません。ネットの見積りサイトでわかるのはあくまでも簡易査定ですので、現物を見た上で買取り価格が算出されます。



特に値付けに問題がなければ、印鑑や必要な書類を整え、その業者と売買契約を締結します。
契約が済んだら車両の名義変更と引き渡しといった一連の手続きを経て本契約から約1週間程度で代金が支払われ、あとは何もする必要がありません。

手続き完了です。所有者の異なる車を売るときには、手続きや必要書類はどうするのでしょうか。


一般的には車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑登録書などの書類が最低限いります。


あとは名義人の同意書、後、委任状や譲渡証明書なども準備する必要があったりします。
自分の車を売売却するときに比べれば、相当、面倒になりますよね。。

二重査定という制度は中古車を取扱う業者にとっては都合が良いものでありますが、利用者にはかなり不利となります。


悪質業者となると、この精度を巧妙に利用して、査定額を大きく下げることもあります。

二重査定制度で発生する問題を防ぐためにも、契約を結ぶ前に契約内容に間違いがないか確認すること、査定時に明確に車の状態を報告することが大切です。自動車査定の際、高額査定のポイントの一つに挙げられるのが、その車種が人気かどうかということになります。
よく売れる車種は、業者の立場から言うと買い取ったときにすぐに売れる可能性が高くより高い値段でも売れると思われ、高い査定額になることが多くなると考えられます。該当するものに、アルフォード、ワゴンR、フィット、ハリアーなどがあります。

これらは特に人気のある車種です。パーツを交換したり付加するといったいわゆる改造車は、中古車市場ではあまり良い査定を得られないと言いますが、一概にこうだと言い切ることはできません。付加価値の高い人気パーツならばプラス評価になる場合もあります。けれども肝心のパーツが傷んでいたりすると中古車市場に出す前に業者が補修する必要があるので、その分だけ減点されるはずです。また、持ち主を選ぶような風変わりなデザインのものも、持ち主がかけたコストにかかわらず減点になります。

減点対象は少ないほど良いので、改造車は極力ノーマルの状態にして査定を受け、まだ需要がありそうなパーツならそれだけを売る方が金銭的にはオトクです。できるだけ多くの買取業者に買取の見積もりを出してもらってから実際に売却する会社を決定していくのが、高く車を売却するコツです。
複数の業者に同時刻に見積もりに来てもらうよう手配して、みんなで見積額を競争するようにしてしまうのも有効でしょう。マナー違反のように感じる人もいるかもしれませんが、これは良くあることなので、気に病む必要はありません。
それから話は変わりますが、いざ契約となった時には取り引きの際の契約書の中味はきちんと読み込む事が大切ですね。

10万キロ以上走った車というのは、俗に「過走行車」と言われます。一般の中古買取店などで査定してもらっても激安価格になってしまうか、値がつかなかったという話もあります。また、事故車も値段がつきにくいと考えて良いでしょう。

そういったケースでは一般の中古車屋ではなく、過走行車や多走行車、事故車などを専門にしている会社に最初から依頼した方が良いです。もしくは買取りはあきらめて、ディーラーでの買い替え時に下取りに出せば、長期的な顧客獲得につながるわけですから、そこそこ値段をつけてくれることも考えられます。

車を売るにあたり、エアロパーツのことが心配でした。最初の、エアロパーツに好きなものがなかったので、社外パーツを備え付けてしまったため、査定金額の値下げは覚悟していました。



けれど、複数の買取業者に査定をお願いしたら、エアロパーツを高価、買取してくれたところもあって、言う事のない査定価格を見積もらせてもらえました。車を売却する場合には、色々な書類がいります。


車検証や発行後1ヶ月以内の印鑑証明、自賠責保険証明書、自動車納税証明書などが主な書類となり、後、実印なども用意が必要です。

また、業者で書く書類として、譲渡証明書、委任状などがあります。


 

e-Conference UN Day ©2020. All Rights Reserved.
Powered by WordPress. Theme by Phoenix Web Solutions